交通事故による痛みの治療

交通事故は最初の処置が大切! 

後遺症が出ない様に専門的な治療を

 

交通事故を起こした時には気が動転していたり、アドレナリンが出ていることで本当ならば痛みがある場合でも痛みを感じない事が多くあります。

 

数日後に体の不調(むち打ち症、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感 等)が出たりしますので、決して軽く考えないでください。

 

初期の治療を『そのうち治るだろう』『面倒くさいし、いいや』と放っておくと、後々とてもつらい思いをする事があります。

例え症状が出ていなくても、事故に遭われた際は体の検査を行ってください。


もし交通事故が起きたら?

1.まずは安全を確保して警察に電話する

どんなに小さな事故でも必ず警察に電話しましょう。

当人同士での示談による解決は様々なトラブルを引き起こす事があります。

特に交通事故は数日後に痛みが現れる事も珍しくありません。


2. 病院で診察を受ける

からだに痛みがなくても病院でレントゲン等の検査を受けましょう。

後々に痛みが出る兆候がわかる場合があります。

また、痛みが出た場合にすぐに治療を開始できる為、早期改善につながります。


3. 保険会社への連絡

治療を開始する事を保険会社の担当者へ連絡して下さい。

当院で治療を受ける場合には、保険会社と連絡を当院が取り合います。

患者さんは自分のからだを治す事だけに専念してください。


4. 治療開始

当院は交通事故の衝撃で引き起こされたむち打ちなどの症状に、「筋肉の緊張をとる」「骨のズレを正しい位置に戻す」「神経の促通を良くする」3段階にわけた特別な治療します。

できるだけ早く日常生活やお仕事に復帰できるように致します


施術について詳しくお知りになりたい方はコチラをご覧ください


5. 治療終了とアフターケア

痛みや症状が無くなったのを確認後、今後の生活面での注意事項や、再発防止のリハビリなどのご提案をさせて頂きます。


事故をおこされた際の治療についてもお気軽にご相談ください。

交通事故のQ&A

現在、交通事故の治療を病院で受けているのですが整骨院に通う事はできますか?

はい、可能です。簡単な電気や牽引だけでなかなか痛みが治らなくてお困りの方は、お気軽にご相談ください。機械だけではなく当院では手技による治療を行います。

Q



 交通事故の過失割合が自分の方が高い場合は 治療費は自分で払わなければならないのですか? 

いいえ、過失割合いに関係なく交通事故の治療は保険により受ける事ができます。

Q



相手(加害者)が任意保険に加入していない場合はどうすれば良いのですか?

加害者が保険に加入していない場合は政府保証事業という制度で自己負担なく治療を受けることができます。

Q



ひき逃げをされて加害者がいない場合はどうすれば良いですか?

 ひき逃げなどで加害者が特定できない場合、政府保証事業という制度で自己負担なく治療を受けることができます。

Q